PARTS

 

FISHING PROを形成する、選び抜かれたパーツたち。

968MOTORING L-UP COIL

株式会社プレシャスのブランド「968MOTORING」のエクストレイル専用リフトアップサスペンション。これは、既存のリフトアップコイルの常識である、線径(バネの鋼材の径)を太くし 縮み量を少ない状態でリフトアップするという設計ではない。この方法はコストも高く、取り付けをするメカニックの技量も必要となる。しかし、”しなやか”で乗り心地を損なうことなく、耐久性にも優れた製品にするにはこの方法しかなかったのだ。試作、実車への取付・試乗。体感したデータを工場へ伝え、「試作・取付・試乗」を繰り返した末、ようやくたどり着いた「四駆 サスペンションの完成形」である。

detail

GANADOR GDE-140

株式会社マツ.ショウの「ガナドール」は燃費向上について計算しつくされている。それだけでなく、パワー&トルクアップという環境に配慮した設計が、音量だけを追い求める他メーカーの追従を許さない。当製品の特徴でもある「スクエアテール形状」は路面からのクリアランスが十分に確保でき、悪路走行時の大きなポイント。そして、なにより「純国産」である。シリアルナンバーで徹底的に管理された製品は、他に類を見ない。

Wheel

クリムソン「MG LYCAN」7交点メッシュリムにより強度と軽さを両立させたモデル。悪路走行・長距離移動には、軽いだけでなく剛性も高いこういったタイプのホイールが最適である。このMG LYCANホイールは走行安定性と燃費向上を後押しする。
ホイール外側に装着する「ストリートロック」と呼ばれるリング形状のパーツが装着可能。ホイールが岩やブロックなどと干渉しても、このストリートロックがホイール本体を保護してくれる。カラーは、佐々木勝也氏のイメージカラー「レッド」をセレクト。

All-Terrain KO2

2015年にモデルチェンジをしたBFグッドリッチ・オールテレーン。オフロードタイヤの悩みの種であった走行騒音を軽減し、偏摩耗を大幅に抑制する「インターロッキング・トレッドデザイン」。さらには泥詰まりや石噛みなどを防ぐ「ストーン・インジェクター」という機能も追加されていることから悪路には最適なタイヤである。サイドウォール(横面)に新デザインを採用したことで、見た目のアグレッシブさとタイヤそのものの耐久性が大幅にアップされた。ブラックバスフィッシングと同じく、アメリカで生まれ日本に渡ってきたというルーツを持つ。

今まで、ホイールをガリガリ擦ってしまうことがフィールドで多々あり、大分がっかりしてしまうことが多かったのですが、ストリートロックリングをつけていれば、ホイール自体に傷をつけることもなく、安心です。ストリートロックリング自体も黒のボディに対して、赤という組み合わせなんでデザイン的にも抜群です。 佐々木勝也